【板書で見る全時間の事業の全て・道徳(小学校低学年・中学年・高学年)】授業教材用イラスト

授業用イラスト作成を担当しました

教育書【板書で見る 全時間の授業のすべて】

小学校低学年・中学年・高学年に収録されている授業教材用イラストを担当しました。

現場の先生が授業(生徒とのコミュニケーション)に重点を置けるよう設計された教本シリーズ

板書シリーズは、学校の授業教育で長年愛用されている教育書シリーズです。みなさんは学校の授業、何が一番好きでしたか?

私は高校の時の歴史授業が一番好きったのですが、世界史上の出来事を先生独自のユニークな切り口で話してくれたり、授業中に歴史物映画観賞が組み込まれていて、純粋に面白かったのですよね。でも今思えば、限られた授業時間内で興味を抱かせるように沢山の下調べや授業準備をしてくださっていたのだろうなと思います。

(授業時間って限られてますし、その時間内で教えるべき事を教えてくれて、更にその上で、科目に興味を抱かせるようにしてくださっていた訳で…。想像するだけで頭が下がる思いです…)

板書シリーズは、先生の授業構成をサポートをすることが主なコンセプト。限られた授業時間で先生がじっくりと生徒と向き合い、議論を広げ、授業で得られる学びをより多くできるように、重点的に伝えるべきポイントや板書例(授業内容の黒板・ディスプレイ類への展開例)等、授業を組み立てるために必要な要素を収録し、わかりやすくまとめています。

授業に集中できるよう、違和感の少ない絵柄で制作

こちらの教育書は、授業中に教科書と併用して使用する事を想定しています。教科書に掲載されている挿絵イラストとある程度雰囲気を合わせるため、全イラスト汎用性の高いタッチで描いています。

私自身が小・中学生だった頃も「多様な生き方を学ぶ事」が求められているように感じていましたが、今を生きている子供たちに求められる多様性は、私が経験していたものより一層複雑に枝分かれしているように感じます。

時代ごとに常識は徐々に移り変わってゆきますので、この板書道徳シリーズでは【今を生きている子供たち】にとって最適なイラスト表現を意識し「既存の男の子のイメージ像・女の子のイメージ像」を固定しすぎないよう気を配って制作に取り組ませて頂きました。

想像力を膨らませるイラストならお任せください

教育分野は「子供たちの想像力を膨らませる表現を追求する」分野でもあり、特に制作に力が入る分野でもあります。こちらの実績のほかにも、教育系のカットサンプルを多く準備しています。

教育分野系イラストの発注をご検討の際は是非イラストレーターいまいへお気軽にご相談ください。

ご依頼・ご相談を検討中のみなさまへ

紙面媒体〜WEB・映像媒体におけるイラストレーション制作業務を承っています。
構想段階からのご提案・コミットも可能です。お気軽にお問い合わせください。